携帯 買取センター ホーム > 買取・ご利用上の注意

買取・ご利用上の注意

商品を発送するの際の注意点

  • 精密機械ですので梱包は充分に行って下さい。
    お手持ちのエアキャップ・ビニール袋・古紙などで携帯電話や付属品に 傷がつかないよう包んでください。
    また箱内の隙間には、エアキャップや新聞紙などの緩衝材を 詰め、商品が動かないように固定してください。
  • ご購入時の契約書、解約済みのUSIMカードは同封されないようお願いいたします。個人情報保護の取り組みにご協力ください。
  • 『商品の発送方法は、着払い(配送方法自由)をご利用ください!
    着払い以外をご利用されますと、配送料はお客様負担となります!

携帯買取の際には、ご本人様確認をさせて頂きます。

ご本人様確認に必要な本人確認書類とは・・・
(以下のもので現住所の記載があるもの・全て有効期限内のもの)
  • 運転免許証公安委員会発行で有効期限内のもの
  • 住民票-宅配買取のみ可能-市長、区長などの印があり、発行日から3ヶ月以内のもの原本に限る
  • 住民基本台帳カード写真付きのに限る
  • 健康保険証生年月日、住所、保険組合印の3つが記載されており、有効期限内のもの
  • パスポート有効期限内のもので顔写真記載欄、及び別頁の住所記載欄も併せて提出。名前がローマ字で署名されている場合、裏側の漢字表記面も提出
  • 外国人登録証明証外国籍の方で日本国発行の上記書類の無い場合。有効期限内のもので、登録日より90日以上の在留期限がある事。裏側に更新記載のある場合、そちらも併せて提出

※住所変更手続きが未完了など、本人確認書類に記載の住所と現住所が異なる場合は受付できません。

上記のうちいずれか1点のコピーのご提出をお願いしております。(住民票は原本のみ)
※ 以前に当店を利用したお客様も必要となります。(買取のたびに必要となります) ※ 古物営業法により本人確認が義務付けられています。

下記(1)、(2)のいずれかに該当する場合は、顔写真付の身分証明書のご提示をお願いしております。

  • (1)売却いただく携帯電話の製造年月が半年未満の場合。
  • (2)売却いただく携帯電話の合計台数が3台以上の場合。
法人の場合は
・ 登記簿謄本
・ 担当者の本人確認書類
・ 担当者の社員証、または名刺

の合計3点をお願いします。

ご協力の程、よろしくお願いいたします。
個人情報の取り扱いについてはこちらをご参照ください。

20歳未満の方からの売却について

20歳未満の方からの携帯電話はおこなっておりません。

買取できない機種・商品について

弊社の買い取りサービスは、携帯電話として再販売することを目的としておりますので、
以下のような商品は買取対象外です。ご理解くださいますようお願い申し上げます。
該当商品の場合は、クロネコヤマトの宅急便着払いにて返品させて頂きます。

  • 解約されていない電話機や電話番号が残ったままの携帯電話・PHS
    本体に電話番号が残っているか確認するには大抵の場合、端末の(メニュー→数字の「0」)でご確認頂けます。
  • 端末が「灰ロム」・「水没・水没シール反応商品」
  • プリペイドカード式の携帯電話・PHS
  • 壊れている商品及び動作確認が出来ない商品
  • ツーカーの携帯電話
  • 盗難や本人確認書類偽造など虚偽申告により不正入手された携帯電話、ドコモ・ソフトバンクネットワーク利用制限の対象になっている携帯電話は、買取できません。
    またソフトバンクの場合、下記サイトで「△」判定の商品は、
    大幅な減額や買取できない場合があります。
    ソフトバンクネットワーク利用制限についてhttp://mb.softbank.jp/mb/support/3G/restriction/
    ドコモネットワーク利用制限についてhttp://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/
  • 同一のお客様からの新品商品の複数台買取。(法人様は除く)
  • おサイフケータイのアプリケーションの削除がされていない携帯電話
  • 通信サービス終了、または終了予定の携帯電話
    例:ドコモmovaシリーズ、ソフトバンク2Gシリーズ、ツーカーなど。

  • 本体暗証番号が初期値から変更されている携帯電話
  • 各社の遠隔ロックサービスを受けている携帯電話
上記内容は一例です。買い取ってもらえる機種なのかわからない!など疑問がありましたらお気軽にお問い合わせください。